スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

航空発祥記念館


所沢の、航空発祥記念館へ行ってきた。明治44年、ここで日本で初めて飛行機が飛んだという。
成田の航空科学博物館のイメージで、ここもたいしたことなかろうとあまり期待していなかったが、行ってみたら広大な公園の中の博物館だった。

▽公園の一角には元自衛隊のC46が鎮座している。
1_convert_20130804073938.jpg

▽そして広い公園では、マニア達が手作りの模型飛行機を飛ばしている。みんなお年寄り。なんかのクラブかと思って聞いてみると、みんな勝手に集まってきて自慢の飛行機を競っているのだという。
2_convert_20130804074005.jpg

▽それでは、記念館の中へ。
3_convert_20130804074023.jpg

▽入ると、まずアンリ・ファルマン機のレプリカが目に入る。これが明治44年、陸軍の徳川大尉の手で飛んだ機体。
4_convert_20130804074041.jpg

▽こんなのも。ノースアメリカンT6G「テキサン」練習機。映画「トラ・トラ・トラ!」では、この期待を改造して零戦として登場させていた。
5_convert_20130804074059.jpg

▽セスナの操縦席にも座れます。
6.jpg

▽これはフライトシミュレータ。結構難しい。
7.jpg

しかい今日のハイライトは、こんなものではない。
▽これだ!
zero1.jpg

本物の零戦。アメリカのPOF(プレーンズ・オブ・フェーム)から一時里帰りしているもので、過去にも2度ほど来たことがある。オリジナルのエンジン(中島製の栄)で、世界で唯一飛行可能な零戦52型。この機体は昭和19年にサイパン島で鹵獲されたものだそうで、三菱製ではなくて中島製。零戦は10,500機ほど生産されたが、その6割は中島飛行機でつくられた。

▽本物はやっぱり迫力がある。
zero2.jpg
zero3.jpg
zero4.jpg

8月末には、エンジンをかけてタキシングするデモンストレーションもやるらしい。

この記念館は、いい意味で期待はずれだった。結局5時間も居てしまった。
是非また来たいと思う。
スポンサーサイト

テーマ : ラジコン・空物
ジャンル : 趣味・実用

お花見

何かと忙しくて、年明けから2か月以上ブログも放置。

金曜日の夜にニュースを見ていたら、上野公園の桜が満開だとか。
急に花見をしたくなってきた。
でも土曜日の朝に起きたら、都内まででるのは面倒くさい。
それで、成田のさくら丘公園に行くことにした。

でも着いたら・・・まだ咲いていない。
▽三分咲きくらい?
sakura1_convert_20130325223422.jpg


でもいいのだ。この公園は知る人ぞ知る、成田空港の滑走路からすぐのところにあるのだ。それも、滑走路軸線に沿っているから、離着陸の飛行機が真上を通る。それこそ、乗っている人の顔がわかるくらい。
▽こんな感じ。
sakura2_convert_20130325223452.jpg


▽動画です。
[広告] VPS


持ってきたおにぎり食べて、30分くらいで帰ってきた。本当はもっと居たかったのだけど、寒くて居られなかった。満開のころにまた来たい。

テーマ : どうでもいい報告
ジャンル : 日記

B787

7ボーイング787で火災が発生したり燃料が漏れたり、このところずいぶん新聞を賑わしている。
この787には昨年末に乗った。
12月も押し迫った頃急にシアトルに出張することになり、キャンセル待ちでようやくANA便がとれた。
成田に行ってみると、これがB787で運行する便だった。新鋭機だったので、しめたと思ったのだった。
さて搭乗してみると、設備はやっぱり新しい。快適だという話は聞いていたが、さもありなんと思った。
会社規定により例によってエコノミークラスだったが、初めのうちはそれなりに快適だった。しかしながら決定的に「それは嘘や」と思ったのは、座席がリクライニングしないことだった。他機種と同じ位置にリクライニングのボタンはあるが、背もたれは倒れない。故障しているのかと思ったが、他の座席も同じように倒れていない。ようやく気づいたが、背もたれが倒れる代わりに座面が前にせり出すようになっている。まるで昔のJR特急のようだ。簡易リクライニングと呼ばれるものである。こんなものでシアトルまでの10時間ほどが快適であろうはずはない。結局寝ることもできず、背中の痛みをこらえながらようやくシアトルに着いたのだった。
ネット上ではエコノミーも快適などと言われているが、はっきり言うが787のエコノミークラスは最低だ。こんなものを北米線に投入するANAの良識を疑う。快適でいたければ、ビジネスクラスに乗れということか。
もう二度と787には乗りたくないと思う。

テーマ : どうでもいい報告
ジャンル : 日記

パラグライダーに挑戦!

なんと!パラグライダーに挑戦しました!
先週「最強の二人」という映画を見たが、その中で主人公がパラグライダーに乗っているのを見て、やってみたくなったのだった。ネットで調べてやってきたのはここ。
▽宇都宮にある、アカイワというクラブ。
para1.jpg

いきなり単独飛行はできないので、今日はタンデムというコース。インストラクターが操縦するパラグライダーに、同乗するというやつ。
▽受付を済ませて外に出ると、空にはたくさんのパラグライダーが飛んでいる。
para2.jpg

さてパラグライダーは地上からは離陸できず、高いところに上る必要がある。このクラブでは、正面の山のてっぺんに離陸ポイントがあるという。中腹まではトラックの荷台に乗っていくが、その先は・・・
▽これに乗る。
para3.jpg
これはミカン山とかお茶畑によくある、農業用のモノレールではないか。いっぺんこれに乗ってみたかったのである。今日は、一粒で二度おいしい日である。
▽モノレールは、急こう配の山をぐんぐん上っていく。
para4.jpg
15分ほどで、300メートルの高さにある頂上に到着。ハーネスをつけて、いよいよ離陸である。用意してきた長袖、長ズボンに軍手を着用、ハーネスとヘルメットは貸してくれる。
▽自分の離陸は撮影してないので、奥様のテイクオフです。こんな感じで、簡単に飛び上がる。(叫んでます。ボリュームに注意)
[広告] VPS

▽気持ちよさそう。
[広告] VPS

▽余裕かまして、手なんか振っている。
para5.jpg
▽続いて自分がテイクオフ。飛び上がると、何とも言われぬ解放感!
para6.jpg
▽動画をどうぞ。
[広告] VPS

パラグライダーはサーマル(上昇気流)に乗ってかなり上のほうまで行くことができるが(コンディションがよければ2000mくらいまで!だそうだ)、この日は気流の具合がよろしくなかったようで、10分くらいのフライトだった。タンデムはこれで終わりだけど、単独フライトをするには一日コースで訓練が必要だという。人によっては午前中にこの訓練を終え、午後には単独で飛べるらしい。それで、一回だけ体験訓練をやってみた。広い着陸上(スキーのゲレンデみたいな感じ)の上のほうまで行って、斜面を走ってテイクオフするという訓練。最近は全力疾走なんかしたことないから、けっこうきつい。それでも何十メートルかは空中に浮かぶことができた。
▽それがこの画像。
P9150055_convert_20120916184947.jpg
次はぜひ一日コースで訓練し、単独で飛んでみたいものである。

テーマ : パラグライダー
ジャンル : スポーツ

紅葉狩り 乗り物三昧

今日は日光に紅葉狩り。
普通に行くのではない。乗り物三昧だ。なんとヘリコプターで日光へ!上空から紅葉狩りをしようという趣向。

以前乗ったことのある、エクセル航空の浦安ヘリポートから10:00に離陸。離陸するとヘリは北に進路をとる。ここから日光はほぼ真北だ。

ヘリは荒川沿いに北上する。
[広告] VPS


この時の高度は850メートル、速度は約250キロ。
速度と高度_convert_20101017002145


野田市上空を経て、やがて古川上空へ。画面右下を、東北新幹線が通過中(見えるかな?)しかし関東平野はだだっ広いね。ずっと先まで真平らだ。
[広告] VPS


でももうしばらく飛ぶと、山が迫ってきた。
[広告] VPS


山が迫るにつれ、いつも間にか高度は1300メートルほどに上がってきた。
速度と高度2convert_20101017002228

そしてヘリは日光上空へ進入する。日光市街と、その先に男体山が見えてきた。
[広告] VPS


ヘリは男体山の斜面に沿うように、上昇していく。
[広告] VPS


男体山の頂上と、ほぼ同じ高度になった。
[広告] VPS


男体山を越えたと思ったら、いきなり中禅寺湖が現れた。やっぱりきれいだ。
[広告] VPS


ヘリは中禅寺湖に沿って、ぐるりと一周する。肝心の紅葉だが、男体山中腹あたりはきれいに色づいている。画像ではよくわからないかな。ここまでで、離陸後約40分。さっきまで浦安にいたのに、やっぱりヘリコプターは速い。
[広告] VPS


そして華厳の滝の上を通過して、再び日光市街上空へ。華厳の滝は谷間に一瞬見えただけ。小さくてよくわからなかった。
そしてヘリは下今市のヘリポートに着陸する。浦安を離陸してから、45分だった。
[広告] VPS


おまけ。乗ってきたヘリが離陸していくところ。いったん上昇、向きを変えて再び上昇していく。
[広告] VPS


さて下今市のヘリポートに降り立った後、車で東武の下今市駅へ。ここから東武に乗換えだ。今日はヘリコプターと東武のスペーシアに乗るという、まさに乗り物三昧なのだ。

東武の下今市駅。小さな田舎の駅で、駅前には何もない。
下今市駅・convert_20101017002314

でもこの駅は、東武の日光線と鬼怒川線が分かれるポイントなのだ。
画面左へ行くのが日光線、右に分かれていくのが鬼怒川線。鬼怒川線は野岩鉄道を経由して、JRの会津若松まで線路がつながっている。日光は、ここから二つ目の駅。すぐそこだ。
下今市構内_convert_20101017002355

さて、ここから東武に乗って日光へ行く・・・のが普通だと思うが、そうではなくて特急スペーシアきぬに乗って都内に戻る。今日は乗り物に乗るのが目的で、日光への観光に来たのではないから。普通はそんなことしないだろうけど、マニアはこれでいいのだ!
下今市駅に、鬼怒川線からスペーシアが入線する。
[広告] VPS


このスペーシアきぬは、11:30発。ちょうど昼時なので、駅弁とビールを購入。駅弁はスペーシアの写真入り!左側が東武のスペーシア、右はJRの485系改造の専用車両で、JR新宿と東武日光の間を相互乗り入れで結んでいる。
駅弁convert_20101017002433

途中で栗橋の東武・JR連絡線を見たりしているうちに、スペーシアは早くも都内に。まもなく浅草だ。速度を落として業平橋を通過、伊勢崎線の特急りょうもうとすれ違う。
[広告] VPS


浅草に到着。隅田川を渡るが、その先が急カーブなので、鉄橋上にシーサスポイントがあるという苦しい配線だ。
[広告] VPS


浅草着は13:15、浦安を離陸してから3時間ちょっとの乗り物三昧だった。
浅草では、スカイツリーが出迎えてくれた。たまにはこんな一日もいいもんだ。
skytree convert_20101017203357

テーマ : 趣味と日記
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

バラの貴公子

Author:バラの貴公子
バイク、クルマ、ガーデニングそしてその他もろもろの雑多な趣味。最近は時間が足りなくてストレスたまってる・・・

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

バラの貴公子

Author:バラの貴公子
バイク、クルマ、ガーデニングそしてその他もろもろの雑多な趣味。最近は時間が足りなくてストレスたまってる・・・

FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。