スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ズーマーやっと直った

朝イチに娘のバイト先まで出かけて、ズーマーを応急修理。プーリーカバーをあけると、やはりスライドピースの動きが渋かったので、洗浄して再度組み付け。なんとかエンジンはかかった。
自宅に戻って分解、修理にかかる。

プーリーのロックナットをはずすと、やっぱりスプラインがつぶれていた。
convert_スプライン
写真のようにスプラインの山をなめた状態になってる。先にキタコ製プーリーの部品精度の問題と書いたけど、これは訂正。明らかに組みつけのミス。プーリーをきちんと奥まで挿入しないでワッシャー(スライドピースのツメとかみ合うツメがある。これ自体もスプラインにはめ込む)を入れ、それがスプラインの山とうまくかみ合っていなかった。そのままロックナットを締め付けたため、山をつぶしてしまった。つぶれた山をリューターで整形し、なんとかプーリーをはずすことができた。このプーリーは変形していると思われるので、ベルトとともに新品に交換した。
_convert_プーリー組み付け中
シザースレンチでプーリーを押さえて、ロックナットを締める。
_convert_プーリー組み付け
これでプーリーの組み付けは完了。

次はスライドピース。
_convert_スライドピース
よく見るとギアに塗ったモリブデングリスにベルトの削り粉が混じり、それがギアの谷に積もって動きを渋くしている。よく洗浄して、再度組み付ける。
_convert_スライドピース組み付け
キックシャフト側のギアとどちらもヘリカルギアになっており、スライドピースはスラスト方向がフリーになっているので、シャフトが回るとスライドピースは押し出されてくる。これがプーリー側のツメと引っかかってクランクシャフトを回すようになっている。
プーリーカバーを組み付けて、全て終了。エンジンをかけてみると、調子よくかかった。異常もなさそうだ。
今回は、スクーターの駆動系の勉強になりました。
スポンサーサイト

テーマ : 4MINI
ジャンル : 車・バイク

プロフィール

バラの貴公子

Author:バラの貴公子
バイク、クルマ、ガーデニングそしてその他もろもろの雑多な趣味。最近は時間が足りなくてストレスたまってる・・・

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

バラの貴公子

Author:バラの貴公子
バイク、クルマ、ガーデニングそしてその他もろもろの雑多な趣味。最近は時間が足りなくてストレスたまってる・・・

FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。