スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

航空発祥記念館


所沢の、航空発祥記念館へ行ってきた。明治44年、ここで日本で初めて飛行機が飛んだという。
成田の航空科学博物館のイメージで、ここもたいしたことなかろうとあまり期待していなかったが、行ってみたら広大な公園の中の博物館だった。

▽公園の一角には元自衛隊のC46が鎮座している。
1_convert_20130804073938.jpg

▽そして広い公園では、マニア達が手作りの模型飛行機を飛ばしている。みんなお年寄り。なんかのクラブかと思って聞いてみると、みんな勝手に集まってきて自慢の飛行機を競っているのだという。
2_convert_20130804074005.jpg

▽それでは、記念館の中へ。
3_convert_20130804074023.jpg

▽入ると、まずアンリ・ファルマン機のレプリカが目に入る。これが明治44年、陸軍の徳川大尉の手で飛んだ機体。
4_convert_20130804074041.jpg

▽こんなのも。ノースアメリカンT6G「テキサン」練習機。映画「トラ・トラ・トラ!」では、この期待を改造して零戦として登場させていた。
5_convert_20130804074059.jpg

▽セスナの操縦席にも座れます。
6.jpg

▽これはフライトシミュレータ。結構難しい。
7.jpg

しかい今日のハイライトは、こんなものではない。
▽これだ!
zero1.jpg

本物の零戦。アメリカのPOF(プレーンズ・オブ・フェーム)から一時里帰りしているもので、過去にも2度ほど来たことがある。オリジナルのエンジン(中島製の栄)で、世界で唯一飛行可能な零戦52型。この機体は昭和19年にサイパン島で鹵獲されたものだそうで、三菱製ではなくて中島製。零戦は10,500機ほど生産されたが、その6割は中島飛行機でつくられた。

▽本物はやっぱり迫力がある。
zero2.jpg
zero3.jpg
zero4.jpg

8月末には、エンジンをかけてタキシングするデモンストレーションもやるらしい。

この記念館は、いい意味で期待はずれだった。結局5時間も居てしまった。
是非また来たいと思う。
スポンサーサイト

テーマ : ラジコン・空物
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

バラの貴公子

Author:バラの貴公子
バイク、クルマ、ガーデニングそしてその他もろもろの雑多な趣味。最近は時間が足りなくてストレスたまってる・・・

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

バラの貴公子

Author:バラの貴公子
バイク、クルマ、ガーデニングそしてその他もろもろの雑多な趣味。最近は時間が足りなくてストレスたまってる・・・

FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。