スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クルマのワイパーのメンテナンス

土曜日に雨の中を運転していたら、ワイパーの動きがぎこちない。途中でひっかかるような、おかしな動作。
この時代のベンツは、一本ワイパーが好きだったようだ。ただワイパーが一本というわけではなく、ワイパーアーム自体が伸縮し、フロントガラスのかなりの面積をふき取るようになっている。
wiper_convert_20110424202430.jpg

いかにもドイツ人の好きそうな複雑なメカだが、それらのご多分にもれず、故障も多いしメンテも必要とする。アームの伸縮部分のグリスがきれると、動作の途中でひっかかったり、途中で止まったりするのだ。過去に何度かそんなことがあった。今回もたぶんグリス切れと思われる。

ワイパーアームの根元にある伸縮部分のプラスチックカバーを開けると、こんな複雑なメカが現れる。
wiper2_convert_20110424202449.jpg

2年ほど前にも同じことが起きて、グリスアップしたことがある。
今回も同じところに、このシリコングリスを塗布しておいた。
grease_convert_20110424202614.jpg

ちなみにこのW202型の次のモデルであるW203からは、ワイパーは2本に戻されている。やっぱりクレームが多かったのだろう。
さて今日は、ワイパーのゴムも交換した。スペアのゴムはかなり以前から用意してあったのだけど、めんどくさいので放置していた。今日はいい機会だ。
gomu_convert_20110424204803.jpg

交換自体はなんということもない作業。なんだか乗ってきたので、これも用意だけはしてあったアーシングをすることにした。
これが準備したもの。ケーブルと端子、端子カバー。
earthing_convert_20110424204825.jpg

エンジンルームを確認してみると、アースポイントはなかなか微妙なところにある。へたな所のボルトを緩めたりすると面倒なことになりそうな感じ。とりあえず一ヶ所だけ、シリンダーヘッドカバーボルトとエンジンルーム内のアースポイントを接続してみた。
earthing2_convert_20110424204842.jpg

その他の部分は、また今度考えることにしよう。
ついでに元々あるアースポイントに錆が浮いていたので、コンタクトスプレーを吹き付けておいた。
これはエンジンルーム右隅の部分。
earthing3_convert_20110424204903.jpg

それからトランクルームの床下にあるバッテリーの、マイナス端子と車体をつなぐ部分にもコンタクトスプレーを吹いておいた。
earthing4_convert_20110424204923.jpg

さて効果だが、エンジンの回転がなめらかになったような・・・たぶんプラシーボ効果だろうけど。あえて言えば、オーディオの音が少しきれいになったようである。

このクルマももう12年目に突入したので、メンテをしながらもう少し乗ることにしたい。
スポンサーサイト

テーマ : メンテナンス&ケア
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

バラの貴公子

Author:バラの貴公子
バイク、クルマ、ガーデニングそしてその他もろもろの雑多な趣味。最近は時間が足りなくてストレスたまってる・・・

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

バラの貴公子

Author:バラの貴公子
バイク、クルマ、ガーデニングそしてその他もろもろの雑多な趣味。最近は時間が足りなくてストレスたまってる・・・

FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。